ひびたま

ブログ書いたりwebサービス作ったりしている男のブログ

2008年09月

それでも僕はやってない!みたいのなんて1万分の1の確率であるかないかでしょ


電車で女の腹に肘が当たっただけで逮捕され、実名報道されるこんな世の中じゃ


 しょうがない、しょうがないとしか言いようがない。痴漢、セクハラは言ったモン勝ち、言われたモン負けだから。


 そもそもどこからが痴漢でどこからが事故って明確な線引きがない、そんなステキな日本の司法だから。例えば乳房を揉む、何秒以上男性器を押し付ける、局部を触る等明確な定義があれば良いけど全部女性の価値観で決め付けられるわけだ。


 会社などのセクハラ問題もそうだ。言われたら負けである。なのにそれも女性の価値観で決めるわけだ。例えば50過ぎのハゲ課長が「おはよう♪」などといってほっぺにチューしてきたらソッコーでセクハラで訴えるだろう。しかし自分が所属している部署のNO.1のイケメン(キムタク似)が爽やかに「おはよ」といってほっぺにチューしてきてもセクハラで訴えるのか?答えは否。しかしハゲ課長は法廷の場に引きずり出されるわけだ。(だから一般の会社はセクハラ問題には凄く五月蝿いはずなのでこれから社会人デビューする人たちは気を付けてください)


 もちろん、痴漢・セクハラを肯定するわけではない。許されざる事ではあると思う。ふとした事故で胸を触ってしまった、腰を触ってしまった、肩が触れてしまった。それだけ、それだけでも女性が不快に感じたのなら訴えるのは構わない。


 ただ訴えられた男の方は実刑はないにしろ仕事を失い社会的地位・信用を失い、場合によっては家族すら失う、間違いなく人生が狂う。そのことだけは理解しておいてほしい。




接客業


コンビニ店員の態度に不愉快と説教 過剰な要求か


いや、これは店員が悪いだろ。


アンチ客の発言してる人は嫌煙者、もしくは喫煙にありがちな低学歴、肉体労働者に対して嫌悪感をいだいてる個人的嗜好からくる発言なんじゃないかと思う。


仮に煙草ではなくて例えば本屋でレジにおいてある「ゼロの使い魔の新刊ください」っていって「うん?」って返されても怒らないのかな?ゲーム屋で「スーパーロボット大戦Zください」って言って「うん?」と返されても怒らないのかな?


チンカスとマンカス足して二で割ったようなふざけた客が来てもホスト側は客を「お客様」として接しなければならない、それが接客業。煙草が分からないんだったら「どちらのお煙草になりますか?」って客に聞けばいいし「わかんねーのかよ!」って恫喝されたら「申し訳ありません」と頭を下げればいいだけの話。


「番号で言えばいい」とか「店側はそれぐらい覚えてろよ」とか論点は客の人間性、店員の能力の問題ではない、接客業の基本としての問題である。要求した客側は一ヶ月も我慢したようだしツッコむ時も敬語(?)だしそれについて葛藤・後悔しているようだしそんなに人間出来ていないようには思えない。


それにしても一ヶ月も経てばさすがにマイセン、セッタ、マルボロ類ぐらいは覚えるだろ。というわけで釣り記事に50000000000ジンバブエドル。。




キュウリうめぇw


f:id:netami:20070306231422j:image


今日の夕食。キュウリ美味しいです♪


発泡酒、というのが気に入りませんがプレミアムモルツもスーパードライも切らしていたのでしょうがありません。グスン。





今日の読書



別に小説家になりたいわけではないのですが(笑)、時々雑誌等に寄稿させていただく時があるので勉強のために。


プロ作家養成、とありますがあくまで売れるプロ作家を養成するためのような内容であり、今まで一度も小説を書いた事がない、だから基本的な書き方を教えてほしい!という人にはオススメできない内容になっています。


もちろん中には、題名は『』で括るべし、とか「」の最後は。を入れないとか、起承転結、5W1Hなどの記述もあるにはありましたがほとんどが一度は小説書いた事がある人じゃないとうんうん!と頷けないような専門的な記述だったように感じます。逆に色々な賞に応募しているが全然芽が出ない、一体どこが悪いんだろう…という人にはうってつけの一冊だと思います。




上見てる場合じゃないだろ


「エレベーター」で宇宙に行けるかも…東京で今秋国際会議


10年前ぐらいからずーっと同じこと言ってんのな。IPv6みてーなもんだ(笑)




思い出を思い出に


今日は埼玉県上尾市に行ってきた。


約1@年前、高校生時代に所属していた部活の県大会が上尾で行われていたのだ。


なぜかふいに行きたくなり行ってみた。


1@年と言えばえらく長く感じるがいざ行ってみると駅から目的地(上尾総合体育公園?)まであっさり行けた。


その場に立つと意外と思い出すものだ。


駅前のコンビニも、駅前のθ(ゲーム屋)もそのまんまあった。


なぜか懐かしくなって頬が緩んだ。


ニヤニヤしながら街を歩くデブの姿はそれだけで警察に通報されてもしょうがない光景であったとは思うが街を歩く、ただそれだけで満たされた。


あの頃の思い出の地に赴き、それを思い出にする。俺も歳を取ったなぁ、と思った。


ただ一つ心残りはデジカメを忘れた事だ。んもう!俺のお茶目さん♪






Name:かさね
2000年ぐらいから休むことなくwebサイトを複数運営してきた男。その間いろいろありTV・新聞・雑誌の3界制覇も達成(内容は黙秘)
本業は物書きしたり色々と。

フリーライター
個人投資家

2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務)
宅地建物取引士(合格)
管理業務主任者(合格)
漢検2級
その他

質問・相談・お仕事の依頼などは↓へどうぞ
mail:netami54@gmail.com



ねたたま
ざつたま