4月になって番組改変期が訪れアニメも一新されました。。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


何見りゃいーんだよ!!!


萌え萌え萌え萌えうるせーなクソがっ!!


最初に言っておきますけど萌えは好きですよ。小さい女の子は好きですよ。


でもね、最近ちょっと多すぎやしませんか、と。


たとえば本屋に行くとですね、ラノベコーナーの平積みのやつの帯が殆ど「アニメ化決定!」なわけですよ!


ファミコン?あぁかのこんね。オラオラ?あぁとらドラね。知るか!!


完全な空き枠待ちじゃねーか!!「アニメ放送中!」ならわかるけどどんだけ出来レースやねん、と。


わかります、わかりますよ。どこの誰だかわからないチンカスが企画を出したロボットアニメよりもラノベ(マンガ)がそこそこ売れてて萌えキャラが出てる作品ならアニメの作りがクソでも原作ファンがDVD買ってくれるからペイ取れる、それぐらいは分かりますよ。


でもいくらなんでも多すぎやしませんか、と。


ロボット・SF好きな私としてはちょっとショックです。


そんな体質にかまけてアニメの作りも年々痛々しくなってきているような気がします。


サクラ大戦3のOPやWA2のOPムービーを手がけたころのI.Gを思い出してください。神でした。所謂ゴッドでした。


こんな流れで(金の問題とか色々言われてる)日本のアニメ業界は本当に大丈夫だろうか。いや、大丈夫ではない(←反語)


長くなりましたが結論を言うと「マクロスさいこー!!」って事です。