若者の酒離れ→女性“登板” 開発・販促の主役に


『酒離れ』、この言葉がアルコール中毒の私には理解できない。


会社の飲み会は仕事か否か、そんな裁判も今世間を賑わせている。たしかに個人によって酒に対する耐性は様々だと思う。自分はそんなに強くはないとは思うが酒は大好きだ。酒を飲めば普段あまり喋らない人でも饒舌になったりと話も弾む。


 酒を飲めない人の中には「酒を飲まなくても人間関係なんてどうにでもなる」という人も多々いるが酒の席の方が多弁になるし、話も弾む。デフォの状態より人間関係は潤滑に進む、それは紛れもない事実だと思う。


 ただそこで酒を飲めない人に酒を強要するのだけはいけないと思う。「一杯だけ一杯だけ!」というが飲めない人はほんとに一杯でダメなのだ(中毒者には理解は出来ないが)


 「酒が好き」って人にもジャンルがあると思う。お酒をみんなでワイワイ飲んでワイワイ騒ぐ、その空気が好きな人。ただお酒が好きでチビチビでも飲む人。私は後者だ。一人で晩酌がつまらないと言う人もいるがわたしはただお酒が好きなので一人でチビチビ飲むのもまたアリなのだ。





 何が言いたいかというと飲めない人に酒を強要する酒飲みと歩きタバコをする喫煙者はカス。今すぐ死ね。以上です。