テレビを見なくなって少し困ったことがある。


 街中に出て有線を聞いて「あっいい曲だな」と思っても誰の何の曲かさっぱり分からないのである。


 学生の頃は聞けば誰々の曲だ、って一発で分かったのに。


 どうしようもないのでサビの部分の歌詞を携帯で検索したりwebのオリコンランキングや有線ランキングを一曲ずつしらみつぶしに探したりしている。





 何か良いサービスはないものか(笑)











ニュースサイト管理人が儲ける方


 ほぼ同意。あとはニュースって単語取り払っちゃっても意味通じるよなーと。


 やっぱり感覚としてwebは踏み台、みたいな。それで資金やらコネやら作って会社おったてて色々資金繰りしたり、事業始めたり。儲けるってそういう事だよなぁ。


 もちろん一円でも黒字出せば儲け、なんて言うなら簡単だけどそんなわけはないしね。


 でも業界人と御飯食べると絶対話題に出るのが「もっと儲けてもいいのにね」という事。


 アクセスパワーもあるし知識もある。いちいち上のGOサインが出ないと動けない会社とは違ってフットワークも軽い。ただ数字だけがついてこない。それはなぜか。


 基本的ににwebから金落とす仕組みがまだパーフェクトソルジャーじゃないんじゃないか、という事。


 いまだにweb広告は紙に比べて(個人だから?)舐められてる感があります。実際の数字としてもやはり低めに設定されているように思います。


 それにアフィリエイト・クリック保証型だと「儲けさせたくない」って嫌儲な感情が働いて生理的に嫌な人もいるんじゃないでしょうか。別に誰が損するわけでもないんですけどね。


 まぁ儲けたいんだったらアフィじゃなくて法人(代理店)と組んで月極の広告はるべきですわ。そのためにはマッチング、クリエイティブなど色々条件はありますがまずはアクセスがないとどうしようもないんですよね。(コピペブログなどクリエイティブ的に評価が低くても痛いクラスになればそれはもう……)











 昨年辺りからどこの企業も広告の対費用効果を見直し始めていて広告料が軒並みダウンしています。これを機にwebの広告にも目が向けられてしっかりとお金が落ちてくるような仕組みになればなぁと思ってます。個人的にw








 Pitta!なんかはシステムとして非常に面白いと思っていたのですが中身が完全に破綻してますし・・・








 あとgoogleの広告は(ライ●ドアじゃなくても)コピペブログとかアップローダーにも通るようになったんですね


 羅列はどうかしりませんがこれは規約が変わったんでしょうか、それとも背に腹は変えられないって事なんでしょうか。マイクロソフトやyahooなんかと違ってここコケたらgoogleはどうしようもないからねw