どうも、埼玉の瀬戸内寂聴です。

あー、オッ○イ揉みてーなー!

もう50年ぐらいオッパ○揉んでない気がするわ(31歳)

……オホン、失礼しました、最近真面目なことしか書いていないのでフラストレーションが溜まりまクリスティでね(マヒャドギャグ)

ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル (通常版) (初回封入特典 プレイアブルキャラとして「吉良吉影」が使用可能になるDLコードがついた「川尻早人メモ」! 同梱)
さー、ところで巷では満を持して発売したジョジョの奇妙な冒険オールスターバトルがとんでもないクソゲーだとかスピードワゴン行き決定だとかエルメェスのパンツの方がまだマシだなどととんでもない評価を受けてしまったのですが何故こんな事になってしまったのでしょうか。
俺も購入してプレイしたんですけども、そこまで酷くない気はします。

主に槍玉に上がっている永久・即死コンボですけども、ハッキリ言って実用性全然ないです。

魅せプレイにもならないし、ラグが酷過ぎるから(それはダメだろ)使い物になりません。

それにこんなコンボは北斗の拳でなれています、トキが「ナギッ」ときただけでコントローラーブン投げてましたからね

ただ致命的な欠陥はロード時間。格ゲーでこの長さは異常。ストレス溜まります。

とまあ、このレベルで格ゲーディスってたら君達どのレベルの格ゲーなら満足するの?ってレベルなんですけども、よく耳に聞くのは「キャラゲーとして買うならアリ」という意見。

俺はね、こっちの方も危ないと思いますよ。

楽画喜堂のなるせさんも書いてますけど『ツェペリさんが死んだあとのディオとの戦闘ステージでは背景に元気に応援するツェペリさんがいる始末』とかね。

色々とおかしな点があるんです。

それにキャラゲーで重要な要素とは『原作に忠実なグラフィック』と『原作に忠実なボイス』ですけどもジョジョゲーって毎回役者が変わるんですよね(笑)

さすがに最近アニメで放映していた1・2部は忠実なキャストでしたけど、それ以降はとりあえず有名どころ突っ込んだみたいなキャスト。

もちろんキャラにハマっていた人もいましたが、第3部OVAや昔のジョジョゲーをプレイしていた人間からみれば「ん?」と思ったキャラもいたことは事実です。

「あぁ~、色々と事務所の力関係とかあるんだなー」などと苦笑しながらプレイ。

何故こんな事になったのか?

その前にジョジョの格ゲーを語る上で忘れてはならないのが未来への遺産



最近HD化もされたのでご存知の人も多いと思いますが、これは間違いなくジョジョゲーの中で頂点に君臨する神ゲーだと思います。

原作に忠実なストーリーモード、ジャストフィットしたキャスト、隅々に散りばめられたファンサービスとコネタ、DCやPSに移植される際にはさらにミニゲームまで追加されるという、まさに移植までもが神移植でした。

俺は幼心に「これを作った人は本当にジョジョが好きなんだなー」と感じました。

それが今作のジョジョからは全く感じないのです。

ジョジョ1巻ぐらいから通し読みぐらいはしたのかもしれませんが、プログラマーやグラフィッカー、営業や広報がタスク通りに仕事をこなしてジョジョ好きに受けるように作っただけなんだなーという背景が透けて見えた気がしました。

製作物に対する製作者の愛がまったく感じられないのです。

別にこれはこのゲームに限った事ではありません、最近のゲーム全般に言えることです。

据え置きのゲームを作るには多額の開発費がかかるので、そんな余計な感情を入れている暇はないのかもしれませんが、結果出来上がったものはどこか寂しい気がします。

だから俺は周りほどDLC商法に対しては否定的ではないんです、数億~数十億って開発費を5000~6000円のソフトだけで回収するのは至難の業ですからね。
(それでも1キャラ100円ぐらいが相場だと思うけど……)

ただその“お金の臭い”というものが最初から発生してしまうと、ユーザーとしてはやはりいい気はしないわけです。

そこら辺海外のFPSゲーなんか上手いですよね、あれ一つのDLCで1500~2000円するわけですから。

まあUI周りや内容についての問題点は↓を参照してください、概ね同意です。
炎上なう。「ジョジョの奇妙な冒険オールスターバトル」は実際どうなのか検証してみた

俺はロード時間とラグさえ改善してくれれば格ゲーとしてもそれなりに楽しめるかなって感じはしてますけどもね。

皆さんはどうなんでしょうか。。