皆さん深夜アニメ見てますか?

俺も荒んだ人生の癒しのオアシスとして毎日それを楽しみに生きている節がありますが、最近少し気になる事が。

それは製作側の人間が『円盤を買ってくれ』と煽ってくること。

チョクにじゃなくても原作者が「中古に出されると困るなー、新品買ってね!」とか、監督が「BD(DVD)売れたら二期あるかもねー♪」とか、中には役者が「このままじゃヤバイです!BD買ってください!」と切実に懇願してくる事。

こういうの見ているとなんだかなーと思います。

まずアニメ製作の第一歩としてはやっぱり金なんですよね。

一番かかるのは人件費ですが、それ以外にも宣伝費だったり放送枠買ったりその他にもお金が必要な事は山ほどあります。

みなさん何気なく見てますけど一本アニメ作るのに数千万~数億のお金が掛かってるんですよアレ。

だからまずは『○○製作委員会』とか『○○グループ』とかでっち上げてお金を集めるところから始めるわけなんですけども。

しかし年々アニメを見る人の目も肥えてきて、視聴者もちょっとやそっとのアニメじゃ満足できなくなってしまいました。

となると人気を出すにはそれ相応のクオリティで作らなければいけなくて、当然そうなると制作費が増大するわけです。

その制作費を少しでも円盤で回収しようというのが現在のアニメ業界なわけですが誰が買うんだよあんなもん

まず値段が高い!2話収録で5000円~6000円とかフザケてんのか。

たった50分そこそこの映像、しかも既存のものじゃねーか。

ちょっと性能のいいBDレコーダーが2~3万円で出てるんだから放映されてる地域の人達は自分で焼くわ。

俺は深夜アニメのBD(DVD)なんてパッケージ代・輸送費等も込みで1話1000円(つまり1本1980円ぐらい)が適正価格なのかなと思ってます。

多分中の人もそう思ってるんじゃないかなあと考えてます。

だからこそオーディオコメンタリーや限定ねんどろいどなどのフィギュア、中にはコンサートチケットの先行予約券なんてのも同梱されてるBDもあります
(それでも出るって事は採算が取れてるって事ですからね)

そういった付加価値を付けて購買意欲を煽ってるのは分かりますがやってる事はもうAKBですよAKB。

そんなもんいらねーから値段下げろ!と考えている地方民も少なくないのではないでしょうか。

あとは発売も遅い!物語も終盤に差し迫った頃第一巻出されても困る!

もちろん制作上の都合だったり「もうすぐで終わるから1話から見直すかー」という購買意欲を狙ってるのかもしれませんが、そんな奴そうはいませんよ。

結局誰の為の円盤なのか。

現状BD(DVD)は重度のアニメオタクや声優信者、腐女子のお布施・コレクトアイテムになりつつありますが、本当に円盤を欲しているのは番組が見れない地方の人間ではないのかと。

そういった人達に買ってもらうには、放映直後にとは言いませんがもう少し早く出してもらわないと。

世間の熱が冷めだしたころ円盤出されても収集家以外は誰も喜びませんよ。

そしてなんと言っても高すぎる

1クール全巻買えば3~4万はかかるわけです。

しかし蓋を開けてみればBDDVDを購入しているのは富裕層の人間ではありません、円盤は金持ちの嗜好品ではないのです。

20代30代のアニメオタクが生活を切り詰めながら好きな作品の円盤を購入し、腐女子が泣く泣く交際費や化粧品代を節約して財布からお金を搾り出しているのです。

深夜アニメにハマってる人達ってぶっちゃけ暇な貧乏人が多数です、日々忙殺されそうなほど忙しく働いてる外科医やゴールドマン・サックスに勤めてる人間が深夜アニメにはハマる事はそうないでしょう。

そんな低所得でも頑張って応援してるファンの財布から“続編”という言葉をエサに大金を巻き上げてる、とすら言える現状の行為は目に余ります。

「制作費が足りない!」というのは私達の知る事のない製作サイドの事情なので、それを言われれば視聴者としては反論のしようがないのですが、この円盤商法も結局『臭い物に蓋をしてるだけ』で根本的な解決にはなってませんよね?(ミストさん)

あまり製作サイドが「円盤買ってくれー買ってくれー」って言うのもなんだかなあと思いますです。。