先日、とある夫婦(子ども1人だっけ?)の月の食費が2万円だという話を聞きました。

これはもう立派な経済DVの域だと思うのですが、他にも同級生の女性から「旦那に毎日昼食代500円持たせてるんだけど家計苦しいから300円に削っちゃおう」などと悪魔のような話も聞きます。

俺はね、食費は最後まで削っちゃダメだと思いますよ。

別に毎日松坂牛のサーロインとか鯛の尾頭付き食えって言ってるわけじゃないです。

でもそれなりの物を腹一杯食べないと人間何事もやる気出ないんですよ。

家族3~4人だったら月5~6万円は食費に使わないと。

お金が足りなかったら保険を見直すなり携帯代見直すなりすれば絶対どこかで削れる部分あるでしょう、食費は絶対最後。

旦那の昼食代もそう。

1日300円~500円の昼食で「仕事頑張ろう!」って気になるかぁ?なんねーよ。

俺は働いてる男には1日1000円渡したっていいと思います。

月25日出勤だと考えて12500円→25000円と出費は倍になってしまいますが、その分仕事にハリが出て、たくさんお金稼げるようになるかもしれないじゃないですか。

その分の先行投資だと考えれば月1万円ちょっと増える家計のやりくりなんて嫁の腕の見せ所だろーがと。


人間食べなきゃ死ぬんです、モノ食えなくなった時は死ぬ時なんです。という事は食べてる限りは死にゃしないんですよ。

お腹空いてる時って本当にやる気も出ないじゃないですか。

じゃあどうしたらやる気が出るか、そんな事はとても簡単な事で小学生でも分かる事なんです、腹一杯飯を食えばいいんです

勉強も恋愛も仕事もスポーツも子育てもまずは飯ですよ、飯を食わなきゃ何も始まりません。

逆に言えば美味い物腹一杯食って、美味い酒飲んで、みんなで騒げば、大抵の不幸(だと思っている事)はどうにかなるんですよ。

何か嫌な事があったとして、景気付けに焼肉でも行って美味しい肉を焼き焼きしたとしましょう。

そうすると3日~1週間ぐらいは「よっしゃ!頑張ろう!!」って気になりません?

しょせん人生なんて死ぬまでそんな事の繰り返しですよ、実はとても単純な事なんです。

それを「ダイエットのためだから♪」とかホザいてサプリメントしか摂らない20代のメスブタクソ野郎、「はー忙しい忙しい!」と忙しいアピールしながらウィ○ーインゼリーやリポ○タンDを頬張る社会出たてのチンカスコゾー、あんな奴等が出てくるから話がおかしくなる。

俺から言わせれば奴等は食べる事、つまり生きる事を放棄した奴隷マシーンですよ。

食べるから太るんじゃねーよ、動かないから太るんだよデブ。

飯もしっかり食えないほど忙しいサラリーマンって何だよ、よっぽど稼いでるんですね~ゴールドマン・サックスにでも勤めてるのかな~?偉いでちゅね~ヨチヨチ(煽り)

結局自分が楽な方楽な方へ流された結果がサプリメントでありウィダー○ンゼリーじゃねーか。

あんな鉄分やビタミンが入ってるだけの錠剤飲んだって腹が膨れるわけはないし、必要最低限のカロリーが入ってるだけのゼリー摂ったって腹が膨れるわけないんです。

そりゃ「あー仕事行きたくねぇ……(鬱)」ってなるわ。

まずは飯!

飯もしっかり食わないで仕事行きたくないだの恋人が出来ないだの体の調子が悪いだのうつ病うつ病ホザくんじゃねえよボケが!

米食って、肉食って、魚食って、野菜食って、果物食って、美味い酒(ウーロン茶)で流し込め!

それでもやる気が出ないってんだったら俺ン所に来い。チョクで活を入れてやる。

そんな人間はまずいないだろうがな。