可愛い女の子しか採用しないと噂の某IT企業の中の人間と話をしてきました。

なぜあんなに可愛い子ばかりいるのか、結局「顔で採用しているんじゃないのか?」と世の男性が思ってることをチョクに質問してみました。

すると

「そうだよ。だって女の子が可愛い方が男のやる気も出るし取引先にも有利で業績は上がる。なんでどこもそうしないのかそっちの方が謎じゃん」

とアッサリと認められました。

鬼女が聞いたら今すぐにでも某企業叩きが始まりそうですが

「だってさ、俺達(彼はエンジニア)は激務じゃん。誰も若い女に深夜までプログラム書いてくれとかシステム周り見てくれなんて頼んでないわけ。あんな年中腹痛いだの頭痛いだの言ってる奴らにそんな事出来るわけないし。女なんて可愛くてメールとエクセルとワードが出来て接待の席で笑顔で酒飲めればそれで充分。それは俺たちには出来ない仕事だしそれで業績が上がってるんだから良くやってくれてると思う。んで、20代後半になったら結婚して辞めてく、それでいいんだよ。若くて可愛い女なんて毎年下からポンポン出てくるんだから(笑)」

と続けられて、恥ずかしいんですが自分は少し返答に戸惑ってしまったんですよね。

合理的とまでは言わないですけど『一理ある』のかなと。

男と女なんて身体の作りから考え方まで違うわけで、そういった面で男には男の、女には女のやるべき事があるのではないかとは前々から疑問に感じていたので。

ただ社員の入れ代わりが激しく、体力面から寿命が短いといわれるIT業界ならではの姿なのかもしれませんが、結局女性の社会進出だの何だのと謳っても所詮日本の会社なんてまだまだこんなものなのかなと少し悲しい気持ちにはなりました。

私も含め、日本のジェンダー問題はなかなか先に進みませんね。

※注.あくまで某企業の男性社員とのやり取りです。何処とは言っていません。