高校三年生の時、侍魂を真似て作った友人のテキストサイトに魅せられてwebサイトを作り早13年。

費やした時間は途方もない物で、その時間を勉学に費やしていれば東京大学に入れたかもしれないし、弁理士や公認会計士の資格を取得できたかもしれません。

しかし全てを無駄に費やしていたわけではありません。

13年間のサイト運営の中で得た物ももちろんあります。

「サイト運営なんてなんか面倒くさそう」「ただの自己満でしょ」などと考えている人も多いかもしれませんが、自分はサイト運営をする中で以下の様な物を得る事ができました。

1.自分の知らない知識や技術

サイトを運営する上でネットサーフは欠かせません。

その中で自分の知らない知識やニュースをたくさん吸収する事が出来ました。

自分の手でホームページを作っていると自然とHTMLやCSSが見に付きますし、着メロサイトを作っていた頃には音楽制作の術も多少見に付ける事が出来ました。

それを何に使いどう結果を出すのかは個人によりけりですが、電子の海で情報という名の宝と戯れるのは間違いなく万人にとって快感であると思います。



2.お金

サイト運営をして名前が売れれば企業からお仕事が舞い込む事があります。

アフィリエイト広告なども整備され、以前より簡単に収入を得る事が出来るようになりました。

『ざつたま』だけでも月に新作ゲームソフト3~4本買える程度の収入があります。

もうダイヤルアップの時代ではありません、いつでもどこでもインターネットに触れられる時代です。

空いている時間があるのならやらない事は損であるとすら思います。



3.他者に対して寛容になれる大らかな心

サイト運営をしていると、心ない発言をしてくる人間もしばしば現れます。

しかしそんなものを気にしていてはキリがないですし、自分の心がおかしくなってしまいます。

サイトを続けるという事はそういった意見に対し、一定の理解を示し許容するという事になります。

そうすると、現実の社会でもちょっとやそっとじゃ揺るがない大らかな心を持つ事ができます。



4.大局的な視点

色々な意見があるという事は色々な人間がいるという事です。

10人いれば10通りの考え方があるからこそ人生は楽しいわけですが、実は私達は普段の生活ではそんな事すら忘れているのです。

自分の都合のいい人間とだけ友人として付き合う、合わない人間とは縁を切る、そんな実社会では段々と視野が狭まってしまうのです。

しかしサイト運営をしていると色々な意見が耳に入ってきます。

すると物事を広い視点で観察できるようになり、その成り行きを冷静に見つめる事が出来るようになります。



5.日々のストレス解消方法

ストレス社会とも言われる現代社会。

ストレス解消方法を探している人も多いかもしれませんが、自分はそれに『サイト運営』をお勧めします。

言いたい事を言う、書きたい事を書く、やりたい事をやる。

こんないいストレス解消法は他にないと思いませんか?



6.友人

サイト運営をしていると共通の趣味や志を持った友人と知り合う事ができます。

自分の生活水準や社会的地位では普通に生活していてはまず出会う事はないだろう人間とも知り合う事ができます。

人生とは他者との交わりだと思います。

多種多様な友人がいる、それはきっとその人の人生を豊かにする最大の要因ではないでしょうか。




13年もの時間、他の事に費やしていれば何か出来たことは間違いないでしょう。

しかし私は少しも後悔などしていません。

サイトを運営する事はたしかに私の血となり肉となり、私の人生を豊かにしてくれました。

だから皆さんもwebサイト作ってやりたい事をやって、ブログで自分の書きたい事書けばきっと人生が豊かになると思います!