「人は何の為に働くのか?」

そんな事を友人や新卒君達と話していました。

『金稼ぎ』『暇つぶし』『その仕事が好きだから』『他人との交流』『家族の為』と色々な意見が出ましたが、私はやっぱりだと思います。

じゃあ金を得てどうしたいのか、何が目的で金を稼ぐのかという事。

別にスーパーカーを買いたいとか、ビル・ゲイツのように長者番付に載りたいとかそういう事ではないんです。

私が働いてお金を稼ぐのは生きる為です、生活するためです。

1日6時間前後たっぷり寝て、3食しっかりご飯を食べて、雨風凌げる屋根があって、1日8000歩前後適度に運動できる、そんな環境をより良く整える為にお金が必要なんです、だから働くんです。

私はそう考えているので、1日睡眠時間2~3時間とかで休みもナシ、睡眠薬や精神安定剤を服用しながら体を壊しつつ働いてる人の気が知れないんですよね、理解不能なんです、「一体この人は何の為に働いてるんだろう」って。

最近ではブラック企業だのなんだの騒がれてますけど嫌ならさっさと辞めたらいいのに。

この前のワタミの件も、別に故人を煽るわけではないんですがなぜ辞めなかったのかと不思議です。

『責任感が強くて』『過労で精神が疲弊しててまともな思考が出来ない』『上司からの重圧』『忍耐は美徳』など色々理由はいわれてますけど、最後はやっぱり自分の決断なんじゃないでしょうか。

ワタミを擁護するつもりはこれっぽっちもないですが、特に高給を支払う事無く長時間労働してくれる従業員を雇用側が手放すわけありません。

本当に無理だったら最後は自分がスパッと辞めないとどうにもならないのではないでしょうか。

例え辞めようとも、有事の為に貯蓄しておくなんてのは社会人なら当たり前の事ですし、もし手持ちがなくてもパチンコ店や深夜のコンビニで1日8時間バイトすれば年200~250万円は取れるんです。

それだけあれば成人1人ぐらい人間らしい生活を送る事は余裕で出来ます。

『責任感』とは言いますけど、余程ユニークな能力を持っている人間でない限り別の人間がやったってどうにかなるんです。あなたの代わりなんて世の中に腐るほどいるんですよ、辞めたかったら今すぐ辞めても誰も困らないんです。



生きる為に仕事してるのにその仕事で体壊して果てには『死』なんて現代の日本人は何かおかしいとは思いませんか?



ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)

自分の経験で言えば毎日23時ぐらいまで、週一で26時ぐらいまでの勤務をしていました。休みは月4~5日ありました。

私は業務自体はそれほど嫌いではない(朝起きと通勤の方が嫌いです)し、職場の雰囲気も好きだったのですが、「じゃあこの就労環境で30、40歳も働けるのか?60歳まで働けるのか?」と考えた時にはもう上司に「今月で辞めます」って言ってました(笑)

もちろん恐怖というか不安も当然ありましたが、辞めたら辞めたでなんとかメシ食うために頑張って仕事して収入も増えたので今は後悔していません。

若い時はねー別にテッペン(深夜12時の事)まで仕事してその後焼肉になだれ込んで9時出勤とか余裕だったんですけどねー、もう絶対無理ですね。