これから母親の放射線治療が始まるという事で放射線科の教授のお話をリスニング。

今はハーセプチンという抗がん剤を1種3月まで投与してますが、それと平行して1月末から週5回計25回放射線治療を行なうというもの。

それが全部終わったらあとは投薬治療(ホルモン剤など)

その後5年間ぐらい何もなかったらバンバンザイオッケーだそうな。

投薬治療に関しては薬飲んだりするだけなので俺は出る幕無し!

2013年の3月に抗がん剤治療が始まってちょうど1年、予定通りに俺もお役ゴメンという事でよかったよかった。

あっという間でしたね。

周りから見れば1年自分の人生を無為に過ごしたように見えるかもしれませんが、凄い勉強になる一年でした。

人間生きてればいい事もあるし、シンドイ事もあります。だからこそ人生面白いっすよ。

これからは仕事なり恋愛なり自分の事を頑張ろうと思います!



話は変わりますがうちの母親は(多分)周りの親ほど「結婚結婚」って言うタイプじゃないんですよね。

さすがに同級生の結婚式に出たって話をした時ぐらいは「アンタもそろそろいいんじゃないの?」とか言われますけどその前に相手がいなきゃどうしようもないだろっつってんの。

基本的に“何も言わない”んですわ。

まぁ言われたら言われたで「こんな顔に産んでこんな人間に育てたのはテメーだろ。つべこべ言うんじゃねー!」って言い返しますけど。

不満はないですよ?超ド級イケメンに産んでもらって五体満足健康優良児に育ててもらった事には感謝してますから(は?)

親も自分の子育てにそれなりに自信があるから何も言わないんでしょうが(諦めてる?)、そうなんですよね、人間なんて生まれた時からみんな何もかも違うんです

顔も違えば家庭環境も違う、だから人生面白いと思うんですよね。

仮にみんな同じ顔して同じ考えの世の中だとしたらクッソつまんないですよ、生きてる意味ないですわそんなの。



自分はこことは別に一日一個雑学を紹介する『ざつたま』というブログをやってるんですが、よくいるんですよ「そんなの常識だろ」とか「誰でも知ってる」とか文句垂れてくる奴。

何言ってんだこいつと。

自分の知ってる事は周りの人間も知ってて当たり前とか思ってるんでしょうかね?

別に怒りもせずわざわざキーボード打ってまで突っかかってくるなんて余程暇な人なんだなとスルーしますけど不快というか不可解ですよね、どうやったらこんな思考に辿り着くんだろうと。



世間では貧乏な男が「金持ちの男ばっかモテる」と妬むし、ブスな女が「綺麗な子ばっかりチヤホヤされてる!」と僻みます。

そんな事当たり前なんですよね、世の中に平等なんてないですもん。

金がなくて子育てにも協力しないブサイクな男なんて誰もお呼びじゃないし、ブスで仕事仕事言って恋愛に注力しない女なんて誰もお呼びじゃないですから。

だったら自分のパワーで何とかするしかないっすよ!

ブサイクな男だったらたくさんお金を稼いで優しく接すればいいし、ブスな女だったら若い内に精一杯尽くすしかない。

外見のせいにしてる人は“自分の顔が悪いから”といかにも自分のせいにしてるようですけど違いますよね、紐解いてみればそういう顔に産んだ親のせいにしてるわけです。

人としてこんなみっともない事ないですよ、みっともないったらありゃしない!

どうしても外面が気になるなら“整形”という手もありますけど俺はそこまでしてパートナーを作ろうとは考えてないですし、外見で切ってくるような異性はこっちからノーサンキューなのでそれでいいです。

たしかに外見は重要なステータスだと思いますけどそれ以外に男だったら収入や職業だったり、女だったら若さなり家庭的なステータスがあるわけです、それ磨くっきゃないですよ。

そうやって“努力”するのも人生の醍醐味というか、楽しさの一つなんじゃないですかね。



『平等』って言葉は凄い聞こえが良いですけど上から下には絶対言わないですからね、下から上への言葉ですよこれは。

10人いれば10人とも顔も違けりゃ稼ぎも違う、考えも違けりゃ性格も違う。

善い奴もいれば脳みそおかしい奴もいる。

そもそも平等なんてどこにもないわけだし、あるとしたらいずれみんな必ず“死ぬ”それぐらいですよ。

だからこそ人生はやめらんないっすわ。


平等社会
平等社会