質問を頂きました、多分今までで一番難しい質問だと思います。












「どうしてサトシはいつまで経ってもポケモンマスターになれないんですか?」

えぇ……(ドン引き)


まず分からない人の為に説明すると、サトシというのはアニメ『ポケットモンスター』の主人公の事です。

旅を始めて早17年、未だにポケモンマスターどころか一度も大きな大会で優勝出来ていないその姿から、一部では才能なし・知的障害者・ポケモントレーナーの屑と揶揄されています。

最近の小学生でも20~30時間あれば殿堂入りな可能性があるわけですから、これは流石に脳に何らかの欠陥がある可能性を疑う必要があるのかもしれませんが、ここで私は新しい仮説を立ててみようと思います。

それは

サトシは舐めプをしているのではないか?

という事です。

なぜサトシがポケモンバトルに勝てないのか、それは「タイプ相性も覚えられない池沼だから」という声を50000回ぐらい聞いた記憶があります。

ポケモンは種族ごとにタイプというものがあり、タイプの相性によりバトルを有利に運ぶ事が出来るのです。

例えば炎は草に優位で、草は水に優位で、水は炎に優位といった感じです。

ところがこのサトシ、旅を始めて20年近くも経つのに地面タイプのポケモンに電気タイプのピカチュウで挑むような知的障害者なのです(地面タイプに電気技は無効!

これでは後ろ指をさされて池沼呼ばわりされても仕方がないかもしれませんが、この男何がすごいかというとそれでも勝てるという事です。

他にもツンベアー、カイリュー、ダゲキといった相性で劣る相手をワルビアルで突破し、催眠厨ダークライにはヘラクロスの『ねごと』で対応するなどやる事はしっかりやっているのです。

そう、彼は自らを不利な状況に追い込むことにより、トレーナーとしての質を高めようとするタイプの人間ではないかという仮説です。

ダークライといえば公式が禁止扱いするようなポケモンです、サトシも思わず本気を出してしまったのでしょう。

おそらく彼はドMなのです。

事実、証拠として「俺に向かって○○だ」と自らポケモンの技を受けるシーンがよく見受けられます

彼が齢10歳にしてマゾヒズムに目覚めている事はもはや疑いようがないでしょう。

一見すると十数年も旅をしても未だにヘボバトルをしているようですが、その実は自らを追い込み、苦難を快楽として今も着実にポケモンマスターへの道を歩んでいるのではないでしょうか。




では、サトシ本人に充分な実力があったとするならば、手持ちのポケモンに問題があるのではないかという事です。

ここでサトシの手持ちのポケモンを見てみましょう。

-------------------------
ピカチュウ
バタフリー
フシギダネ
ピジョット
リザードン
ゼニガメ
キングラー
ラッタ
オコリザル
ベトベトン
ケンタロス
(ラプラス)
カビゴン
ベイリーフ
マグマラシ
ヘラクロス
ワニノコ
ヨルノズク
ドンファン
(ヨーギラス)
スピアー
ジュカイン
オオスバメ
ヘイガニ
コータス
ムクホーク
ドダイトス
ゴウカザル
ブイゼル
グライオン
フカマル
ミジュマル
ケンホロウ
ガントル
ガマガル
ワルビアル
アズマオウ
チャオブー
ズルッグ
ツタージャ
ハハコモリ
ヤヤコマ
-------------------------

この中から一線で使えそうなポケモンは

リザードン・カビゴン・ヘラクロス・ヨーギラス・ムクホーク・ゴウカザル・グライオン・フカマル・ワルビアル

あたりでしょうか。

ここで気になるのがフカマルとヨーギラスを進化させていないという事です。

2014043030 2014043031

ご存知砂パ界の翼君と岬君と呼ばれるこの2匹を進化させていないのは、サトシ最大のミスと言ってもいいでしょう。

特にフカマルに至ってはあと進化を2回残した状態で、伝説厨に「ラティオスだったら負けていた」と言わせる程。

種族値で劣るフカマルがラティオスを屠れるのだから、少なくともフカマルはラティオスのLV(40)以上となります。

おそらくLV70は下らないでしょう、当然ガブリアスに進化出来るレベルであるにもかかわらず、進化していないのだからここでもサトシの舐めプというわけです。

このフカマルをガブリアスに進化させてスカーフを巻かせれば、彼はとうの昔にポケモンマスターになれていたでしょう。

相棒のバンギラスに砂を撒かせればほぼ磐石です。

サトシの手持ち最強と謳われるリザードンの存在も忘れてはいけません。

相性で劣るアイリスのカイリューを吹き飛ばすほどですから、その実力はかなりのものでしょう。

セオリーならリザードナイトXを持たせる所ですが、ガブ・バンギといるのでYを持たせて特殊を厚くするのもいいかもしれません。

他、注目すべきはジュカインでしょうか、一般的には強いポケモンとは言いがたいですが、作中ではデオキシススピードフォルム以上のスピードと、不一致ながらもダークライの冷Bを耐えて返り討ちにするという快挙を成し遂げています、そのポテンシャルはかなりのものでしょう。

こうくると水・氷が受けれなくなるので出来ればBに厚く振ったスイクンかギャラドス、ナットレイ辺りが欲しくなってきます、今すぐゲットしに行って損はないでしょう。

地震スカシ要因のサンダー・ボルトロス、クレセリアなども欲しい所です。

以上の事から

現状の手持ちでは少し厳しいかもしれないが「ガブ・バンギ・リザードン・水受け・クレセリア・残り1枠」でパーティを組み、サトシが本気を出せばポケモンリーグ制覇、そしてポケモンマスターになるのも不可能ではないと推測できます。

いつになるかは分かりませんが、ぜひともその瞬間を見てみたいものです。