僕が彼女と接するうえで守っていこうと思っていること

「最終的には彼女を全肯定しよう」

俺はこの一文を見て「甘い男だな」と感じたし「この人浮気しそうだな」と感じました。

たしかに女性との関係を円滑に過ごしたいなら、相手を肯定して持ち上げて持ち上げていい気持ちにさせるのが一番なのは間違いないです。

俺は父親が転勤族であり単身赴任だったので、幼少時母と姉の超女社会で育ちましたからそれは分かります。

だから俺も『基本的には肯定』します。
女「この服どう?」

俺「いいね、似合ってるよ」

女「この料理どう?」

俺「凄くおいしいよ。でももう少し塩味強いほうが好きかも」

とかですね(別に嘘をつくわけではないですよ)



でもですね、基本的には肯定しても、最終的に譲れない所は絶対譲るつもりないです、納得出来ない理不尽には徹底して戦いますよ俺は

それが女性の為にもなると、俺は思ってます。

だって極端な話浮気されて「寂しかったの!」とか言われて肯定出来る?

「そっか。そうだよね、俺が悪かった」

なんて言えるかあ?冗談じゃねえよ!(マヂギレ)

そんなもん肯定したら男じゃねえよ、男じゃねえって!!

ンなモン浮気の許可を出したも同義だろうが、「男ナメてんじゃねえぞクソ女が!!お前の股間の凱旋門ガバガバじゃねーかよ!!!」と言ってやれ!

ぶっちゃけるけどさ、女の話の大半は大した意味なんかないんだよ。

男の

「ちょっと話聞いてよ」

は相手に何か聞いて欲しい事がある時なんだけど、

女の

「ちょっと話聞いてよ」

は相手に何か聞いてほしいんじゃなくて自分が話したいだけなんだからそんなもん右から左へ聞き流して「あーハイハイ」で適当に肯定してればいいの。

いいんだよ、女もある程度それは自覚してるから。

でも時には女性も真剣な話してくる時が必ずあるんだよね。

そういう時にも「最終的には全肯定」なんて思って行動するのは、相手に対して失礼だし、何より相手の為にならない、もはや『思考の停止』と言っていいレベルであると思う。

そういう時をきちんと見極めて「それは間違ってるよ」とハッキリ伝えなければならないし、「これは絶対に理不尽だ!」という事には勇気を出して立ち向かわなければならない。

それが男として、パートナーとしての役割だと俺は思う。

その結果どうしても噛み合わなかったら縁がなかったという事で「サヨウナラ」するだけだ、それだけの話である。

向こうも新しい男見つけるだろうし、こっちも新しい女見つけるだろ、それだけの話よ。