30歳女だけど、結婚したくない

この世の縮図を見た気がするなあ。

自分で働いて稼いだお金で、好きな物を食べて好きな所に旅行して好きな化粧品を買い漁る、それが一番楽しいのは間違いない

この女性も結婚したくないという事は、今が最高に楽しいわけだ、結婚すれば生活が辛くなる事が目に見えている、だから結婚したくないわけだ。

それはその人の考えなので否定するつもりはない、しかしこの世には善い事はいつまでも続かないという真理もある

今が30歳、給料や地位など生活水準や人間としての付加価値が上がる事はあるだろうが、女性としての価値が跳ね上がる事はもうないだろう
いまだに女子力とやらが正確に何を指すのかは分からないが、俺の中では『異性にチヤホヤされる能力』だと思っている。

そんなものは簡単で、男子力は『顔と金』女子力は『顔と若さ』である。

この女性が結婚したくないのならそれでけっこうなのだが、これだけは言っておきたいのが後になってブツブツ文句を言うなだ。




40歳過ぎの女性の口から「私はもう子どもは諦めたから人生のパートナーとして結婚したいなー」という発言をよく聞く。

さあ、ここで損得の話になってしまうわけである

40過ぎの女性と結婚する意味が男にあるのか?

なぜなら人生のパートナーとして選ぶなら異性じゃなくてもかまわないからである

40歳過ぎの男性は、同年代の女性よりも同性である男性とつるんでいた方が話も合うし、女性のように急にヒステリックになる事もない、嫉妬深くもなければ愚痴や陰口で気分を害することも少ない、その上収入も比較的安定してるわけだ。

性欲を解消したくなったらそこらへんの繁華街の風俗店に行けば20そこそこの若くて可愛い女の子がいつでもいるわけである。

ホモはそのままケツの穴で解消すればいいわけだ。

余程の誓約(制約)か愛情がない限り、40過ぎの女性と結婚する理由がどこにもないのである。

もちろん結婚は損得でない部分もあると思うが、このリンク先の記事がおもいっきり損得で語っているので、俺も男目線の損得で語らせていただいた。




そう考えると実は女性の『若さ』というのはもの凄い武器なのである、それはもうファイナルファンタジーの最強武器『アルテマウェポン』もビックリの武器なのだ。

年収が1000万円ある40歳のオバサンよりも貯金ゼロの可愛い女子高生の方がいいのだ。

さすがにそれは極端すぎるが、間を取って年収500万円の20代後半の女性なんて男から見たらもう完璧のペキペキガールなのだ。

「男はどうせ若い子の方がいいんでしょ」ぐらいに考えている女性は多いだろうが、そんなレベルではない、若くなければダメなのだ、いくら美人だろうが歳を取っているとそれだけで(結婚相手としては)アウトなのである

どんなにステキな女性でも年がいってたら可哀相な事に友達止まりなのである。

なぜ若い女性がいいのかは言うまでもないだろう『子ども』だ。

健康な子孫を産んでくれる可能性が高いという事である。

このテの話になると「40歳でも可能性はある」「男のオタマジャクシだって劣化する」という反論をいただくが、そういう問題ではない。

言葉では上手く伝わらないだろうが数字の話ではない、頭が受け付けないのだ、遺伝子レベルで受け付けないようになっているのである

一応偏差が伸びそうな40歳を例に挙げたが、中には「50歳までいける!」という熟女好きの男性や「30歳以上はダメだわ……」という男性もいるだろう。
そのハードルは人それぞれだが、男には年齢だけで「これ以上はアカン」というラインが間違いなくあるのだ。

女性も男性に対して「見た目がどうしてもダメ」とか「ニオイがどうしてもダメ」とか「仕事(稼ぎ)がどうしてもダメ」とかあるだろう、そういう物だと思っていただきたい。





これ以上ツッコむとまた多方からお叱りを受けそうなのでそろそろ〆るが、普通の相手と結婚して普通の人生送りたいなら女性は30歳までに、なんとしてでも結婚したいなら35歳までにはキメろ(男は+5歳)

そのマージンは若い時にチヤホヤされてた分だと思え。

40過ぎた女なんてもう誰も見向きしないんだよ、友人も子育てで忙しくてお前なんかに構ってる暇ないんだって。

だから結婚しないなら一生しないで構わないが、お金だけは貯めておけ。

金のない老後は男も女も漏れなく地獄だよ、生活保護受ければいいとかそういう問題じゃない、金がないって事は人がいないんだよ

理屈抜きで付き合ってくれる身内はその頃にはもう誰もいないんだ。

親は死んでるし、兄弟親戚はみんな自分の生活があるんだよ。

今楽しければ後で絶対苦労するし、今頑張れば後で絶対楽しい事が待ってる!

どっちを取るか、どこで折り合いを付けるかはみんなの自由!だから後で何かあっても全部自分のせいなんだからブツブツヌカすなよと。




「(若い内は)苦労は買ってでもしろ」という格言がある。

そこまで純然たる超ド級のマゾヒストはなかなかいないだろうし、俺も普通の人の子なので、出来れば楽な人生に越した事はない。

ただ問題なのは道を選ぶ時、選択を迫られた時である。

俺は困難な道を選ぶのが正解だと思っている。


今楽をすれば後で苦労する、今頑張れば後で楽できるというのは前述の通りだが、では今楽をしたのと同等レベルの苦労が年老いてガタがきている身体や精神で満足にこなせるのか?という疑問だ。

当然、若い内と同じようにこなせるわけはない、体感苦労は増加するという事になる。

だったら打算的な意味合いでも、選択を迫られた時は辛い道を自ら進めば、後々楽になれるのかなという考えである。

「因果応報」という言葉を使うと一気に宗教臭くなって現実味がなくなるが、人間誰しも最終的にはプラマイゼロになる。

こんな事は宗教論でもなんでもない、『質量保存の法則』並に当たり前の事なのである。





中には「生まれた時から金持ちの奴もいる」「生まれた時から顔立ちが整った女の子だっている」と不満をぶつけてくる人もいるかもしれない。

しかしだ、なぜ他人の話が出てくる?

自分のプラマイゼロと金持ちのプラマイゼロは違うし、自分のプラマイゼロと貧乏人のプラマイゼロは違う


そこで他人を絡ませるから話がおかしくなるのだ。

「生まれた時から金持ちの奴もいる、だから俺は一生勝てない」←こうなるから話がおかしくなるのだ。

ヨソはヨソ、ウチはウチなのである。

「理不尽」「こんなの平等じゃない!」という人もいるかもしれないが逆に教えて欲しい、この世に平等な物って何かあるか?

ないんだよ、そんなものは。どこにもない!

あるとしたら「人間いつかはみんなくたばる!」これぐらいしか平等な事ってないんだよ。




結局さ、現在の自分を形作ってるのは過去の自分に他ならないんだよ。

だから後で地獄見る羽目になってもガタガタ言うんじゃねーぞって事。



世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法
世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法
英語が合ってるのかどうか、コレガワカラナイ。

あと全く関係ないけど、外でお酒でも飲まない限りタバコ吸わなくなってきた。