メールで質問をいただきました。

「男女の友情はあると思いますか?」

との事です。

以前にもどこかで受けたような質問ですが(痴呆)大っぴらに答えても良さそうな事なので久しぶりにここで。

そもそも『友情』が何を定義したものかさっぱりワケワカメだし、それこそセックスフレンドも友達だと言い切っちゃう人もいるぐらい個人差もありそうな事なので一概に考えるのはどうかと思うのですが、俺はあってもいいと思います

いいじゃんいいじゃん、人類皆トモダチヨ!男と女の友情があったっていいじゃない。
ただ問題なのはこういった議論が表面化する時はどういった状況なのかという事です。

「もう女友達と会うのやめてよ!」「大学からの友人なんだからいいだろ!やましい事はないよ」みたいな大抵男と女のイザコザが発生してる時にこのテの議論が巻き起こるんですよ。

フリー同士で円滑に友人関係を構築している男女が「ねえ男女の友情ってあると思う?」なんて議論しないでしょ、だって実際そこに友情があるんだから。

俺は男女間の友情もあっていいと思うけど、それイコール何をしてもいいという免罪符にはならないと思います。

イイワケだよイイワケ。大半の人は男女の友情ってのを「俺(私)の好きに遊ばせろ」って事のイイワケに使ってんだよ。

好きに遊ぶのも友情かもしれないけど、例えば相手にパートナーが出来たら会う回数を控えて気遣うとか、自分のパートナーが嫌がるようだったら異性の友人に伝えて事情を了承してもらうとか、それも立派な『友情』じゃないのかなって。

そういった常識的なラインを引くのも円滑で社会的な友人関係を構築する為には必要なのではないでしょうか。

それに結局男の股間には棒が付いてて女の股間には穴が開いてるわけだから、同性に対しての友情と同じような友情を異性に適用するのはしっくり来ない人が多いと思うし、現実に危ない事もあるのかなと思います。


結論:男女の友情?別にいいんじゃね。でも友達だからって何してもいいってワケじゃないし、守るべきルールはキッチリ守るべき。同性に対する友情と異性に対する友情じゃやる事も守るべき事も違うと思うよ。

以上です。