どうもこんにちは。

27年度司法書士試験の午前試験の足きりが90点(105点満点)だったと聞いてドン引いてるksnです。

合格点じゃないですよ?足きりラインですよ?ドッヒャー!

もう(ほぼ満点取るしか)ないじゃん……



さて、先日市川海老蔵さんの妻である小林麻央さんの乳がん闘病がマスコミの手により明らかにされました。
私も母が乳がんをやったばかりなので色々思う事はあるのですが、報道が進めば進むほど深刻な状況なんだなという事をひしひしと感じてきました。

私は医療の専門者でもなんでもないのであまりアテにしてもらっては困りますが、私の母の話で言えばステージはⅢ-B(HER-2陽性)でした。
その次はⅢ-Cときて、その次がステージⅣ(末期)なのでそれなりにヤバイ状況でした。

見つかった時点で胸にあるがん細胞(俗に言うシコリ)が石灰化していてもう手術すらできない状況だったので、何とか半年ほど抗がん剤治療を試みて「おっ!薬が効いてがん細胞が小さくなったから手術しよう!」となり手術をし、その後も転移を防ぐために抗がん剤治療をし、その甲斐もあって今も生き長らえている状況です。

その抗がん剤→手術→抗がん剤の治療期間でもせいぜい1年ちょっとでした。

乳がんといってもピンキリなんでしょうが、1年8ヶ月経っても手術すら出来ない状況というのは正直相当ヤバイと思います。

報道では医療コメンテーターが「ステージⅢぐらいじゃないでしょうか、手術さえ出来れば可能性はあるという事ですからね」などと含みのある言い方を耳にしましたが、2年近く抗がん剤治療をして手術に踏み切れない乳がんなんて、身内経験から言わせてもらえばもう末期のそれに近いものだと思います。

小林麻央さんは昨年の暮れに家に帰り長男のお披露目だかなんだかを家族でこなしたらしいですが、それすら最後の思い出作りにと医者がGOサインを出したのではないかと思わずにはいられないぐらいです。



まあ私は特に小林麻央さんファンという事でもないですし、特に嫌いというわけでもないので、元気になってもらえるのならそれに越した事はないのですが、何が言いたいかというともうマスコミは放っておいてやれよと

元気になったらその時パーッと騒いでやりゃいいし、もし不幸があったらその旨しっかり報道すればいいじゃない。

そんな逐一病状がどうだとか、子どもの様子がどうとか、姉が実はブリっ子を演じてる聖人でしたとかそんな報道やめてやれや。

ほんと俺がAB蔵だったら血管の2・3本プッツンしてるよホントに。

いくら人の不幸でメシ食う商売って言っても限度があるし、こういうネタ大好きな人達も実際たくさんいるんだろうなあと思うとちょっと悲しいです。


患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2016年版
患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2016年版