こんにちは、まさかのEU離脱で盛大に含み益を吹っ飛ばしてしまったksnです。

まさか離脱するとは…… (´・ω・`)

まあその分儲けさせてもらったこともあるし、気分を入れ替えてまた頑張ろうと思います。


さて、新作ポケモン映画に合わせてポケモン総選挙なるものが開催されていました。

最近は法律の勉強ばかりでポケモンはおろかゲームやアニメ等そのものから離れ気味なのですが、何を隠そう私はかつてカワゴエシティのジムリーダーと呼ばれるほどのポケモントレーナーだったのです(誰だよ)

ランキングを見てみると、ゲッコウガという変幻自在がなきゃ何も出来ないカエルが1位で、小さなお子様からお年寄りまで老若男女に愛されているはずのピカ様が4位という何とも胡散臭いランキングになっていましたが、結果は受け入れなければなりません。

そもそもサトシ役の松本梨香が一番好きなポケモンは「カラカラ」という所にピカ様の暗黒部分が見え隠れしますが、20年連れ添ったのに愛してもらえなくても気にしてはいけません、男は黙ってアイアンテール!

せっかくなので誰も気にしてないでしょうが、私のお気に入りのポケモンを紹介したいと思います。


1位:エンペルト(総選挙121位)

1

一番好きなポケモンはポッチャマ……の最終進化系エンペルトです。

別にMURや淫夢をひいきしているわけではありません。

初出はダイパ、当時対戦環境で猛威を振るっていたのはルビサファで登場していた『ミロカロス』というポケモンでした。

高耐久&悪くない特攻で繰り出される波乗りと冷凍ビーム、相性の悪い相手には自己再生と毒毒でジワジワ嬲り殺すという最も美しいポケモンという二つ名に似つかわしくないゲスイ戦法を以って戦うポケモンがミロカロスでした。

そんなミロカロスを完全に封殺してくれたのがこのエンペルトでした。

波乗りは半減、冷Bは4分の1、毒毒は無効、こちらは返しの草結びとまさに憎っくきミロカロスを環境から駆逐するために生まれてきた殺人マシーンでした。

水/鋼という全ポケモン中唯一のレアタイプが誇る10つの耐性、高い特攻、悪くない耐久を誇り、その後もドラゴンキラー等数々の役割を誇り第一線で頑張ってくれたエンペルトですが、現環境ではさすがに火力不足。

御三家という事でそのうちメガシンカする事は確定でしょうが、またエンペルトの勇姿をバトルでもみたいものです。

・オススメ型
受け出し型 C252 S調整(スカーフ巻いて実数値169超え) 残りHorBorD ドロポン/冷凍biim/草結び/アクジェ 持ち物:スカーフ

対結論パ型 HC252 波乗り/冷凍biim/草結び/アクジェ 持ち物:タスキ





2位:サンダー(総選挙62位)

2

2位は初代伝説の鳥ポケモンの一角、サンダー。

ポケモンも早20年、その数も700匹を超えて今の若者には「ケンタロスって誰だよ」と初代で猛威を振るったポケモンの事なんて知らない人もいるのではないでしょうか。

そんな初代発売以来第一線で頑張り続けるサンダー先輩は神だってそれ一番言われてるから。

そもそも初代で一番騒がれていた鳥は氷タイプの『フリーザー』でした。

サンダーも弱かったわけではありませんが、必中ふぶきを持つフリーザーがとにかく無敵でした(というかふぶきを持ってれば誰でも強かった)

しかしその後の度重なるフリーザー(氷タイプ)の弱体化、どうにもならないファイヤーを尻目にサンダーはしぶとくレギュラーで頑張り続け今に至ります。

野球で言えば「プロ20年目、永遠の2番打者」といったところでしょうか。

ヒーローにはなれない、でもチームになくてはならない、それがサンダー先輩なのです。

ボルチェンで相手をかく乱し、毒毒・羽休めで耐久、時にはめざパで相手の四番打者(ガブ)を抑えにいく事もできます。

アタッカーなら10万ボルトや熱風、雨パならメガネかみなりの超絶火力も魅力です。

何でも出来て頼りになるその姿はまさに『パイセン』です。

最近ではさすがの火力インフレについていけてない感もありますが、まだまだ第一線で働けている事は間違いないでしょう。

サンダー先輩出して負けたらしょうがない、それぐらいの絶大な信頼感を持って私は送り出しています。

圧倒的な存在感と絶対的な信頼感を兼ね備えた電光石火のいぶし銀、それがサンダー先輩の魅力といえるでしょう。


・オススメ型
HB252 ボルチェン/めざパ/どくどく/羽休め 持ち物:オボン・ラム・ゴツメ・たべのこし・ぼうじんゴーグル・メガネなんでもよし!




3位:トリトドン(総選挙289位)

3

普通にナメクジみたいで可愛いと思う(小学生並の感想)

愛らしい見た目と釘宮理恵を髣髴とさせる鳴き声、数字自体は大した事ないものの恵まれたタイプと特性からバトルでも1.5軍~2軍のバリバリ現役です。

何より弱点が草タイプのみ(4倍)なので現環境に天敵がいないというのがバトルにおけるトリトドンの強みです。

第一線で頑張ってる草タイプはフシギバナとナットレイぐらいでしょう、それらは他のメンバーに任せれば大半のポケモンの相手は出来ます。

特にどんな環境でも必ず流行るスイクンや水ロトム、ヒードランを何もさせずに封殺出来るのが強いです。

もちろんサンダーや、草結びさえなければボルトロスでさえもトリトドンには手も足も出せません。

可愛い見た目に反しての鋼鉄の不沈艦トリトドン、要チェックですよ!


・オススメ型
HD252 冷凍biim/地割れ/毒毒/自己再生(ミラコ・地面技・水技もヨシ!) 持ち物:食べ残し




4位:ヘラクロス(総選挙187位)

4

分かりやすすぎるフォルムとネーミングが34歳の少年心をくすぐります。

自分の防御を捨てて殴りに行く技『インファイト』と、殴るために生まれてきたようなステータスはまさに「殺される前に殺すか、殺す前に殺されるか」がコンセプトと言えるでしょう。

防御面も数値はそこまで悪いわけではないですが、特性『こんじょう』も相俟って数字以上の短命ぶりを見せ付けてくれます。
(毒や火傷、麻痺といったバステが付くと攻撃力が1.5倍になる特性。この特性を利用してわざと火炎玉や毒毒玉を持って自傷しながら戦う戦法)

火炎玉を持ちながら自分の命を燃やしてでも相手をブン殴りにいくカブトムシ、サイコーじゃないですか!……オススメは火炎玉じゃなくてスカーフですけど。

そして最新環境ではメガシンカも獲得。

驚愕のA種族値185はメガシンカポケモン・ゲンシカイキポケモンを含む全てのポケモン中2位!(この上はメガミュウツーXの190のみ)

ファイアローとかいうポケモンが全ての虫ポケモンを亡き者にしてしまったと言われて久しいですが、そんなロマン火力を求めて今日もヘラクロスで殴りにいきます。


・オススメ型
ノーマル型 AS252 インファイト/メガホーン/エッジ/何か 持ち物:スカーフ

メガシンカ型 A252 S調整 残りH ロクブラ/タネマシンガン/インファイト/ミサイルばり 持ち物:メガ石




5位:ヒードラン(総選挙180位)

5

「ゴキブリ」「正真正銘(←ココ強調)の伝説ポケモン」「アニメでモブが連れて出てきた」「伝説ポケモンの恥さらし」などと散々に揶揄されるゴキブロス……じゃなくてヒードランが半周回って愛おしく見えてきました。

よく見ると可愛い……可愛くない?

野球で言えば「広島・新井さん」のようなポジションではないでしょうか。

イジられる所に愛を感じるが、実際使ってみても優秀な耐性と超火力でそれなりに活躍してくれます。

現環境ではどくどく・身代わり・守るの耐久型が多いようですが、やはりヒードランの魅力はC130から繰り出される超火力!

威力130のオーバーヒートがタイプ一致で1.5倍、メガネで1.5倍、メガリザYの炎技吸収で1.5倍、ついでに日照りで1.5倍というキ○肉マンのような計算式がそれなりに現実的な範疇で可能なのはやはり魅力です。

基本等倍以上取れる相手で吹き飛ばせない相手はまずいない、文字通り一発で消し炭にしてくれるヒードランこそまぎれもない伝説のポケモンといえるでしょう。

……と思ったがよく考えたら一般ポケモンのシャンデラでもまったく同じ事が出来るのに気付いてしまった事は黙っておこう(しかもそっちの方が火力が上という)


・オススメ型
C252 S調整 残りH オーバーヒート/ラスカ/大地の力/何か(竜波は思ったよりも使う機会無し) 持ち物:メガネ



オマケ


ワースト3 ハピナス(総選挙342位)

6
顔が気にいらねえ




ワースト2 ファイアロー(総選挙110位)

7
優先度+2の威力180の先制技とかクソにも程がある。こいつのおかげでヘラクロスとハッサム以外の虫ポケモンはみんな死んだ




ワースト1 ガルーラ(132位)

8
クソクソアンドクソ