ひびたま

ブログ書いたりwebサービス作ったりしている男のブログ

ビジネス

編集者になる方法

先日池袋でねたたま7億アクセス記念オフを行なってきました。

あ、オフレポは今回パスで(面倒)

いつもと一緒です、みんなで食って飲んでお話ししただけです。

ただ今回は前もって圧力をかけていたせいか参加者全員がプレゼントを持って来てくださいました!感謝!!

さて、その中に編集者になりたいという志を持つ若者がいました。

漫画なのか映像なのか情報誌なのかは分かりませんが(多分紙系)、はっきり言って編集者なんて雑用であり肉体労働ですよ。

若い学生などに編集者のイメージを聞くと「カッコイイ」「出来る大人って感じがする」などとポジティブな回答ばかり返ってきますが、実際はヒゲボーボーで事務所で寝袋暮らしなんて人達も珍しくありません。

だからなるなというわけではありませんけども、彼の疑問は「どうやったら編集者になれるのか?」という事でした。

一応俺もそういう業界にいたわけですし、参考になればと思い少し書き綴ってみます。

続きを読む

『「軽装でOK」の面接、どんなファッションで臨む? 』


 軽装OKでもやはり無難にリクルートスーツ着ていくかな。


 でも「軽装」って言われて勘違いする学生いそうで恐い(笑)


 常識の範囲内でならある程度個性を出した方が印象にも残るのかも。


 面接なんてどれだけインパクト残せるか勝負だからね




フリーの実情


 新生活始まった方もたくさんいるようで、みなさん日々をどうお過ごしでしょうか。


 進学した学生さんや奴隷生活社会人生活を始めた方もいるでしょう。逆に仕事を辞めたいなんて人もいるかもしれません。


 先日私の友人に「俺もおまえみたいにフリーになろうかな。楽そうだから」と言われました。楽じゃねーから!毎晩ご飯と野沢菜と焼酎だから!!


 やはり世間では「フリー」というと在宅で堕落した生活を送っている社会不適合者……とまでは言いませんが会社に籍おいてる人間より冷めた目で見られてるのは事実(特に年配の人達には)


 みんなお金が欲しいから働いてるはずなのに、月40万円稼ぐフリーは平日昼間出歩いただけで「真面目に働いてないのかよアイツ・・・」と言われ、毎朝満員電車に乗って夜は終電まで残業して月20万稼ぐサラリーマンは「毎日頑張ってるねェ」と言われる。


 相対的に考えれば楽な部分はたしかにあるかもしれないけどまだ世間の認識と現実とでは少々ギャップがあるのではないかと思います。








 以下、フリーになりたい人に参考になれば。





※.フリーと言ってもプログラマーやカメラマン、デザイナーだったりイベンターといろいろありますが物書き(NOT創作)で考えてください。








1・そんなに家にばっかいるわけじゃない


 引きこもってPCカチャカチャ、出来たらメールに添付してポン。そんな風に思ってる方がいるようですが取材あり、打ち合わせありとむしろ家にいることの方が少ないです。


 原稿なども「家じゃはかどらないから」といって会社に泊まりこんで仕事をする人もいます。 








2・コミュ力はメチャメチャ必要


 会社で上司と顔合わせたくないからフリーに……なんて思ってる人へ。


 会う人会う人が初対面の人ばかりです。


 前述のように機械越しだけで済む仕事なんて殆どありません。


 コミュ力=しゃべり力&社会人のマナーと仮定して、それはメチャメチャ必要な能力です。


 会社の飲み会ごときでガタガタ言ってるようでは難しいかもしれません。 むしろ大体決まった人と顔をあわせる会社勤めのほうが人見知りの方は楽かもしれません。











3・ドダイトス


 会社がつらい→仕事辞める→明日からフリーになる


 無理です。絶対無理です。


 フリーやってく上で一番必要なのはコネ。間違いなくコネ。


 何もツテがない状態でいきなりフリーなど自殺行為です。


 自分は会社勤めの傍ら3年弱関連会社の人との飲み会などでパイプを作りました(意図的に作ったわけではなく結果的に、といった感じです)


 仕事(というか通勤)がツラくそれ以外で食っていけそうな目処がついたので私は会社を辞めました。


 まず土台(収入源)を確保しましょう。会社を辞めるのはそれからです。「仕事が忙しくてそんな暇ない」というのなら一生会社に勤めましょう。保証もあるしそっちの方が絶対オヌヌメです。











4・けっこうチョロイ


 若い衆に「物書きです」というと「おぉ~」とか「すげー」と言われますがそんな大層な物ではありません。


 中学の読書作文で先生にハナマル貰うぐらいの物が書ければ(自分界隈は)誰でも出来ます。


 自分理系ですし、「ありおりはべりいまそかり」ぐらいしか分かりません。なんのことかもよく分かりません。


 一人称や締め、三点リーダーの使い方なんてくだらない事はすぐに身につきます(社の方針があるなら編集でイジるだろうし)


 もちろんライター塾や編プロで勉強している人もいるようですが大半は知り合いから声かけられて流れでやってるor執筆者のネームバリュー目的だと思ってください。


 ちなみに自分の仕事は創作ではないので書く能力より読み取る能力の方がいるのかなと思ってます。

















5・名刺に気を使うようになった


 会社勤めの頃は名刺なんてあってないようなものでしたがフリーになるとすごい気を使うようになりました。


 名前・連絡先・顔写真など、とにかくパイプを作るために印象に残る名刺を作りましょう。


 ちなみにこの間飛び出す名刺を作りました♪(んなもん作ってる暇があったら仕事しろ)

















6・なぜ人は追い詰められないと行動できないのか


 皆さんもコミケ間近になるとwebでイラストレーターが「新刊落ちそうだー」と嘆いているのを目にしたことがあると思います。


 「何言ってんだ、半年あったじゃねぇか!もっと余裕持ってやっとけ!」と思う人もいるでしょう。


 しかしなぜなんでしょうか、人は〆切があると〆切間近にならないとやる気が起きないのです!えっ?俺だけじゃないよね?


 「忙しかったんだよ!」という人がいれば「今よりも?」と返しましょう。大抵言葉に詰まるはずです。


 ライターも同じです。もちろん2発目ぐらいまでは向こうも余裕持って〆切を提示してきますがもし破った場合の失う信用は大きいです。


 スケジュール管理も大事な仕事です。きっちり仕事をこなしましょう。




















7・尋常ではないヒゲ率&長髪率


 5割超えてると思います。潔癖の人は注意しましょう。














 こんな感じでしょうか。いい所もあればもちろん悪い所もあるので能力やお財布と相談して頑張ってください。


 友人H、おまえは会社辞めるのもったいないと思うわw(会社のデカさ的に)




フリーでやっていく上でこころがけてる5つの事


・仕事は断らない


(新規は絶対に!真〆切3日前からネタ出しスタートとか無理な相談でも新規なら72時間徹夜でやるべし!)


・フリーランスに必要なものは顔(コネ)>>>>>>>>>足(アクティビティ)>手(能力)


・飲み会は仕事!


(名刺渡して「よろしくお願いします」)


・仕事が切られても(ボツにされても)泣かない


(企業から見れば個人なんて一番切りやすいところなわけで・・・)


・メールなどのリアクションは出来るだけ迅速に!


(社会人として当然の事ですがそれだけでもだいぶ好感度が違います)








 会社辞めて1年半、何とか死なずに日々を過ごしているので間違ってはいないと思いますがやはりボーナスも保証も何もないので将来が不安です。


 もちろんここでいう将来とは老後などの事ではなく5年後、10年後の事。


 今主に仕事してる業界が虫の息なのもそうだけど自分についても感性も体力も維持できないのが目に見えてるorz


 twitterでは今年の目標は「彼女を作る」とか言ってたけど(笑)仕事(収入)関係の方をステップアップしていかないと人生が破綻しそうな気がする。


 


 もう今年で28だもん……




社会人が友人関係を円滑に進める上で絶対にやってはいけないただ一つの事


 結論から言ってしまえば金貸し(借り)である。これだけはやってはいけない。


 今までどれほどの関係を築いてようが金はすべてを破壊する。


 自分を例に挙げる。


 


 仲のよい友人が居た。そいつは4つ年上だが性格もよく仕事もまじめ、顔もよしという男だ。そいつが結婚した。


 子供も生まれ順風満帆の人生のようだったが約1年前仕事を辞めた。不景気真っ只中だ。その時妻の腹の中には二人目が居た。


 金遣いもさほど荒くはなかったためしばらくは貯金を切り崩していたようだが3ヶ月ほどでそれも尽きたらしい。


 転職先も決まらず「金を貸してくれ」と泣きついてきた。


 10万円を貸してやった。それから半年、連絡は一切ない











 ……と、まぁこんな感じである(笑)


 実は怒っているかと聞かれるとまったく怒ってはいないし後悔しているかと聞かれるとそうでもない。ただ「ああ、そんなもんか」この一言に尽きる。





 これは単なる持論かもしれないが金を貸すならあげたものと考えて渡すべきである


 電車賃なくなったから貸してくれ、といわれて貸してあとから取り立てる社会人はなかなかいないだろう。


 どうしても返して欲しいなら念書書かせて立会人か弁護士のサインでも入れとくべきである(その時点で間違いなく友情は終わるがw)








 実は最初そいつは「20万円貸してくれ」と言ってきたのだ。だが俺は「実質無職で貯金もないやつに20万も出せない。10万が限度だ」とツッパねた。


 そいつは「そりゃそうだよな」と納得していたが心の中では「冷たい奴だ」と思っていたかもしれない。しかしいくら友人とはいえ20万は返ってこなかったとき俺のショックがでかすぎる。子供のお祝いとかもろくにしてなかったし(一万円ぐらいの掃除機あげたぐらい・笑)2人目生まれてくるって事だったからまぁおめでた金という事で10万ぐらいなら(返ってこなくても)いいかと思った。


 子供を妊娠していて入院している一家に金貸すのとパチンコのやりすぎで生活費使い込んだブタババアに金貸すのじゃワケが違うだろ、という人が居るかもしれないが論点はそこじゃない。俺が汗水たらして稼いだ金を他人に渡すという事だ。








 もちろん俺は「無利子・無担保でいいから。少しずつでいいから返してくれよな」と言った。そいつは少し涙ぐんでた。


 でも4人家族で月の生活費から10万円を捻出するなんて並大抵の努力じゃできない。俺は多分返ってこないんだろうなと思ってた





 そいつは仕事の先輩で、家もすげー近くてよく遊んだり仕事が分からない時にはめちゃめちゃ世話になったりもした。


 しかしこちらからの電話にも出なくなってしまった。


 連絡が付けば返金を催促されるとでも恐れているのだろうか。俺は「金のことは気にしなくてもいいから一杯飲もうZE!」とでも言うつもりなのだが。











 本当に世話になった人で、俺はお金の貸し借りで縁を切った覚えはないし切るつもりもない。しかし切れてしまった。








 そういう意味では、お金を貸したことを後悔している。






Name:かさね
2000年ぐらいから休むことなくwebサイトを複数運営してきた男。その間いろいろありTV・新聞・雑誌の3界制覇も達成(内容は黙秘)
本業は物書きしたり色々と。

フリーライター
個人投資家

2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務)
宅地建物取引士(合格)
管理業務主任者(合格)
漢検2級
その他

質問・相談・お仕事の依頼などは↓へどうぞ
mail:netami54@gmail.com



ねたたま
ざつたま