ひびたま

ブログ書いたりwebサービス作ったりしている男のブログ

ビジネス

職業に貴賎なんてありまクリスティだろ


 TVのニュースでニート特集をやっていてキャスターが「職業に貴賎はないのだからまずは働いてほしいですね」とかほざいてました。





 そんなわけあるかい、と。


 奇麗事ぬかすなボケが、と。





 やっぱり職業に貴賎はあると思います。


 医者の人は「お医者様」って言う事があるけどコンビニでレジ打ってる人に「コンビニの従業員様」とは絶対言わない。


 大物政治家に「先生」ってつける事はあっても交通整理員に「先生」は絶対つけない。


 やはり『賃金』『労働内容』『社会的地位・信用』において明らかな格差があると思います。


 もちろん社会的地位の高い職業についている人は若いころたくさん勉強した賜物だと思うのでそれはかまわないのです。





 ただそろそろ自分も奇麗事が通用しなくなってきたお年頃なのです(笑)


 


 そもそも「職業に貴賎なし」なんて誰が言ってるんだろう。


 下のほうの人達が「平等」の名の下に騒いでるのかな、と思いました。


 しかし自分は所得的におそらく下のほうの人間です。「職業に貴賎なし(キリッ)」とか言って汗水たらして誠実に働いているとは決して言えません。


 どちらかというと「クッソー!おエライさん達は甘い汁ばっか啜りやがってー!」と明らかな格差に嫉妬を感じつつ日々生活しています。





 結局「職業に貴賎なし」っていうのは社会的地位の高い仕事についてる人間が下の人間を押さえつけるために言ってる奇麗事なんですね。


 まぁよくよく考えたらそんなセリフは上から目線じゃないと言えないか(笑)





 太平の『平』、平和の『平』。『平』という文字が入っているからかもしれないけれど「平等」という言葉はとてもプラスな、いい言葉のように感じます。





 でも「平等」って実は悪い言葉なんじゃないかな……とふと思いました。





 人は生まれながらに平等じゃないし、人の命の重さも平等じゃない。


 


 超セレブの家に生まれる人間もいれば、中卒DQNの家に生まれる人間もいる。どこぞの国で子供が数百人餓死するよりも自分の恋人が事故死する方が堪える(いないけど)





 でもそれでいいと思います。なにもかもが『同じく等しい』、もしそんな事があったとしたら……考えただけでゾッとします。。





 それにしても「職業に貴賎なし」か……マスコミが好きそうな言葉だwww








※.例としてコンビニ店員等を上げましたが他の地位の高い職業と比較して賃金や社会的地位の面で劣っているんじゃないか、という事です。絶対的な意味で蔑んだわけではありません。


 そりゃーコンビニ店員とか警備員とか土方とか派遣とか居なくなったらみんな生活困るし。




でもこの世からパチンコがなくなったら日本経済回んないよなぁ


パチンコについて語るときに僕の語ること/パチンコ依存からの脱出


僕の語る事としては一つだけ。それは


「絶対に勝てない」


 という事だけ。自分も少しやるので(笑)やるなとは言いませんがあくまで時間潰し、娯楽として楽しんでほしい。絶対にお金を儲けよう、パチンコで生活しようという考えだけは持ってはいけない。だって(悪い事をしない限りは)絶対無理だモン。


(ちなみにパチプロ、スロプロって言ってる人達はそれに関する雑誌の寄稿やスカパーのそれ専門の番組に出て生活してる人達の事を指すんだと自分の中で定義しています)


 なんで無理なのか、と解説は長くなるので疑問に思う人はパチンコ業界、もしくはそれに関わる業界に就職してみれば分かると思います。


 例えば「1000はまったから次は連荘する!」なんて信じられないような発言をする人間が世の中には実際に居るんですよ。パチスロ雑誌とか読んでもらえれば分かると思うんですけど機械割、収支データをはじき出すためのシミュレーションって大抵100万回試行とか書かれてると思うんですよね。うん、それがサンプル的に最低ラインだから(笑)


 それでやっと確率が収束しだすような精密機械がたった何百回、何千回の試行で確率が収束するわけないだろ、と。「今日この台は設定6だから絶対勝てる!」とか勢いづいてる若者見るともうね、苦笑が止まらない。苦笑が。。


 やるのは構わないんですよ、やるのは。ギャンブルなんてどこの国にもあることだし。ただよく考えて節度を持って楽しめと。


 パチンコに入り浸って多重債務の後破産なんてニュースがたまにありますがそういったことについて「それはギャンブル依存症ってれっきとした病気だから」と述べる専門家もいますが医学的な知識のない自分からから言わせてもらえばただ意志が弱くて他にやる事がないヒマジンだろとしか思えません。








 ここで話は変わるけどホントかウソかちょっと面白い話。。





 とあるパチンコ屋。規模はパチ・スロ合わせて500台弱の中規模店。


稼動は80%前後と言っていたので店内には400人前後の人間がいた計算になります。


 そのホールに突然火災報知器の放送が鳴り響いたらしいんです。この報知器の放送はとある理由からの誤作動だったらしいのですが当然その店の主任だか店長だかがスピーカーもって避難誘導。


 ……しかしその誘導にしたがった客は数えるほどしかいなかったそうです。ほとんどの客はハンドルを握り締めたまま座りっぱなし。


 あとで店員が客に聞いたところ逃げなかった理由は「みんな逃げなかったから」「イイところだったから」「火が来てから逃げても間に合うから」「聞こえなかったから」等の理由だったそうです。ちなみに緊急時には有線や自動放送(何番台大当たり~♪)ってやつは自動でOFFになる仕組みだったようです。





これを聞いた時に「あぁ、この人達はどっかオカシイんだな」とそう思いました。パチンコ屋ってとてつもなく五月蝿いじゃないですか。だから当然窓も開けれない(開けたら公害レベルだからねw)から換気も出来ないわ、誤作動だからよかったものの本当に火事が起きたらどうするんでしょうか。


こわいこわい。。




編集者とは


「編集者はクリエーターの敵なのか、味方なのか!?その答えがここにある!・・・かも」


Like先生のおかげで作品の裏方『編集者』に注目が集まってる昨今、ちょっと思ったことがあるので書きます。Like先生のおかげで編集者VSクリエーターみたいな流れになってますが本当にそうなのか、と。


 小学館といえば出版社の中でも大手、というか文字通り最大手の会社です。そこに勤める人はそれなりの高学歴でしょう。冠茂さん?は元テレビマンらしいですからそれなりの4年制大学は出てるんでしょう(興味ないから調べないよ)


 対して『マンガ家』。東大出のマンガ家なんてそうそう聞いた事はありません。高卒で専門とかアシとか、そういう流れはよく聞きますが。こういっては何ですが学歴はそんなに高くないでしょう


 それって単に編集者とか以前に高学歴のプライドだけ無駄に高いチンカスが低学歴の才能溢れるクリエーターをコケにしてるだけなんじゃないかと。


 とある大手ニュースサイト管理人が某社の編集者らしいんですけどメチャメチャ腰低いですよ!!(小学館ではない)。ネト○ンの編集者の人達も思ったよりいい人達ばっかだったし


 あと知ってる話ではパチ○コ必勝法の編集者なんかは一月休みなし、新台お披露目には必ず顔出し、ページ埋める為にメーカーに直接頭を下げに行き、ライター実践勝負の際タネ(金)がなくなった場合自腹を切る等生々しい話があります。


 もちろん編集者といってもピンキリです。大手出版社の編集者もいれば名前も聞いた事もないような会社の雑誌の編集者もいればTVの編集者だっているわけだし。私は週間少年漫画の編集者に知り合いはいないし『編集者』の知り合いは10人といないから統計学的にはサンプルとしてアウトだけどムカツク!!と思った編集者は一人もいないんですよね。


 作品に意見を出される事はあってもそれはどうやったら人気が出るか、どうやったら売れるかを追求した結果だしLike先生の話に出てくるような傍若無人なチンカス茂とはまた別次元の話だと思う。


 Like先生の件は編集者の問題ではない、編集についたその男の人間性の問題だ、それだけにすぎない。そんな事誰もがわかってると思うけどネットを見てると『編集者とはクリエーターに対して高圧的な態度をとるヤな奴』みたいな空気を感じたので。


 ちなみに冠茂って「かんも」って苗字だと思ってた奴の数→(1)




NEETとフリーター


反発と絶望 極論生む フリーター『戦争を希望』


驚いた。こんなふざけた論文を月刊誌は掲載するのか。


>「非正規労働者がはい上がれない社会が続くのなら、戦争で大勢の正社員が死なない限り、自分は正社員にはなれない」


とある。つまりおまえらが死んでくれたら俺は正社員になれるわけだから俺のために死んでくれと続くわけだ。一人で死んでろバカ。


>バブル崩壊後の就職氷河期で職に就けなかった。一、二年のつもりで始めたフリーター生活は十年以上に。


とある。分かる。就職氷河期分かる。やむを得なく始めたフリーター生活も理解できる。


しかしそのフリーター生活の合間に何をやっていたんだ?それが分からない。


一年二年あれば勉強してなんらかの資格をとるには充分な時間だ。例え新卒じゃなくても技術者はどんな企業でも喉から手が出るほど欲しい人材のはずだから(どんな扱いを受けるかは分からないが)決して悪い方向へは働かなかったはずだ。


それを何か?どーせ半日バイトで半日家で食っちゃ寝してたのではないか。


そのフリーター生活を全力全開で過ごしてそれでもダメだった、というのなら私もこの世界を一緒に恨もう。しかしそういう事ではないだろう。


いっておくがニート、フリーターをけなしているわけではない。


企業側も低賃金、ローリスクで労働力を得る術を知ってしまったいま、そういった存在なしではこの国の経済は成り立たないだろう。


ただそういった存在である当人が他人のせいにしてはいけないと思う。イヤなら努力してそこから這い出るべきだし別に一生フリーターでいい、俺は自由に生きるんだ!って人はえらそうな口を叩かずそのままそこで頑張ってればいい。別に私は困らない。


もう歳が、という人がいる。私は29歳で塗装工に就職(手取り26万円)した人を知っているし33歳でパチンコ店に就職(手取り23万円)した人を知っている。努力するのがイヤなら選ぶな。選びたいなら努力しろ。


―――――肉体労働はイヤだ?何?googleに入ってクリエイティブな仕事がしたい?


じゃぁ入社試験受けろよ。


―――――なに?一定以上の大学の博士号持ってないと受かるワケない?


だったら東大でもパリ大でもエール大でもハーバードでもMITでも受けろよ。


―――――あ?そんな一流大学受かるワケない?


なら勉強しろよ。


―――――・・・勉強がめんどくさい?


もう死ねよ。


私も日付が変わるぐらいまで残業しなおかつビックリするぐらいの低賃金。


それでもそれで飯を食ってエロゲーをプレイしてるのだ。


それを「君たちが戦争に行って死んでくれれば僕たちが正社員になれるんだ!」とか言ってくれちゃうわけですよ。もうね、へそでティーが沸くよね!






Name:かさね
2000年ぐらいから休むことなくwebサイトを複数運営してきた男。その間いろいろありTV・新聞・雑誌の3界制覇も達成(内容は黙秘)
本業は物書きしたり色々と。

フリーライター
個人投資家

2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務)
宅地建物取引士(合格)
管理業務主任者(合格)
漢検2級
その他

質問・相談・お仕事の依頼などは↓へどうぞ
mail:netami54@gmail.com



ねたたま
ざつたま